ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援 > 医療費の助成 > こども医療費助成制度

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

こども医療費助成制度

日光市こども医療費助成制度について

平成27年4月1日から、栃木県のこども医療費助成制度改正のためこども医療費受給資格者証の色が一部変更になりました。

なお、受給資格者証の色に関わらず使用方法に変更はありません。

ピンク色 3歳未満から未就学児へ
オレンジ色 3歳以上から未就学児以外のお子さんへ

未就学児とは6歳に達する日以後の最初の3月31日までのお子さんをいいます。

日光市に在住の(住民票がある)高校3年生相当まで(18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)のお子さんが、病気やけがで健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費の自己負担分と入院時食事療養費を市が助成する制度です。健康保険が適用にならないもの(健康診査や予防接種など)、学校や保育園等でのけがでかかった医療費、交通事故などにより発生した医療費は対象になりません。

栃木県内の医療機関等で受診するときに、こども医療費受給資格者証と健康保険証を提示してください。窓口で医療費を支払うことなく受診できます(現物給付方式)。受診するときに、こども医療費受給資格者証の提示がない場合や、栃木県外の医療機関等で受診した場合、入院時食事療養費は、窓口で医療費をお支払いいただき、後日、助成申請書を提出してください(償還払い方式)。詳しくは、「医療費助成の申請」をお読みください。

医療費助成の申請

  1. 助成申請書に医療機関で保険点数の証明を受けてください。

領収書で、患者名、保険点数、負担割合、診療科目、入院・外来の別の記入がある領収書については、領収書を添付してください。保険点数証明は不要です。

注意点

  • 医療機関へ証明依頼をする時は、あらかじめ本人記入欄を記入してから、診療を受けた翌月の10日以降にしてください。
  • 医療機関によっては証明手数料がかかる場合があります。証明手数料は自己負担になります。
  1. 助成申請書を提出してください。

保険点数の証明を受けた、または領収書を添付した助成申請書を、診療月から1年以内(診療月の翌年の同月まで)に提出してください。1年以内であればまとめて提出することができます。

  • 助成申請書は、医療機関ごとに1枚記入してください。薬局も別に記入してください。
  • 領収書を添付する場合は、1か月分をまとめて申請してください。
  • 領収書は糊付けせずに、クリップやホチキスなどで添付してください。

受付窓口

申請者記入欄に必要事項を記入のうえ、子育て支援課、各行政センター市民サービス係、各地区センター・出張所、または市民サービスセンターに提出してください。なお、助成申請書用紙が足りない時は、窓口にお申し付けください。

注意
郵送でも受け付けていますので、子育て支援課までお送りください。

  1. 助成金が振り込まれます。

助成申請書を受け付けた翌月25日に、指定の銀行口座に振り込まれます。なお、支払い通知はお送りしませんので、預金通帳を記帳するなどしてご確認ください。

次の場合は、ご注意ください。

 

高額療養費に該当した場合

1か月の保険診療自己負担額が、自己負担月額の限度額を超えて支払った場合、健康保険組合で高額療養費の手続きをしてから、助成申請をしてください。

高額療養費にかかる自己負担月額の限度額(平成27年1月診療分から)

所得区分

自己負担月額の限度額

低所得者(住民税非課税)

35,400円

標準報酬月額26万円以下

57,600円

標準報酬月額28万円から50万円まで

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

標準報酬月額53万円から79万円まで

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

標準報酬月額83万円以上

252,600円+(医療費-842,000円)×1%

申請の手順

  1. 加入している健康保険組合で高額療養費の手続きをしてください。手続きの方法については、健康保険組合へお問い合わせください。
  2. 健康保険組合から発行される「高額療養費支給決定通知書」を申請書に添付し提出してください。
  3. 保険診療自己負担分から高額療養費を差し引いた差額分を助成します。

 

付加給付金が支給される場合

加入している健康保険組合や共済組合によっては、保険診療の自己負担額が一定以上になると付加給付金として支給になるものがあります。その場合、付加給付金を差し引いた額が助成になります。付加給付金制度については加入している健康保険組合や共済組合にお問い合わせください。

健康保険証に赤ちゃんの名前がのる前に医療費を10割負担した場合やコルセットを作った場合(療養費)

健康保険組合に療養費支給の申請をしてください。健康保険組合から発行される「療養費支給決定通知書」と領収書を助成申請書に添付し提出してください。

次の場合は、届出をしてください。

  • 加入保険、住所、氏名のいずれかに変更があった場合(資格者証及び加入保険の変更の場合は保険証をお持ちください)
  • 受給資格者証を紛失した場合

 

日光市から転出する場合

こども医療費の助成期間は、転出日の前日までです。転出後は日光市こども医療費助成制度は利用できませんので、受給資格者証を返却してください。

 

お問い合わせ

所属:健康福祉部子育て支援課子育て給付係

電話番号:0288-21-5101

ファクス番号:0288-21-5105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?