ここから本文です。

更新日:2019年12月10日

自主防犯

「安全で安心なまち」の実現

安全で安心なまちづくりのためには、公共施設等の環境整備はもとより、市民一人ひとりの意識の向上と、地域や行政等の関係機関が一体となった取り組みが大切です。また、お互いがより一層の連携を図り、継続的な活動を展開していくことが必要です。

自主防犯団体に参加しましょう

日光市では、平成17年に発生した今市事件以降、自主防犯団体に対するベストや腕章等の活動物品の無償貸与、防犯灯設置・電気料の補助、防犯カメラ設置の補助、防犯活動指導員によるパトロールなど、地域の防犯対策強化に取り組んでいます。

しかし、地域の安全・安心を確保するには一人一人の活動が必要になります。地域の自主防犯団体に参加して、活動への御協力をお願いします。詳しくはお住まいの地域の自治会、または生活安全課までお問合せください。

手軽にできる!自主防犯活動

  防犯活動は以下のように、身近なことから始めることができます。

○「出るだけ防犯」  ○「ながら見守り」

事件が起きやすい児童の下校時間帯にあたる、15時~16時頃に買い物や犬の散歩、ジョギングに「出るだけ」「しながら」で、子どもたちを見守る活動になります。特別な技術や装備は要りません。子どもたちに目を配ってあげるだけで、それは立派な防犯活動です。

 

お問い合わせ

所属:市民環境部生活安全課生活安全係

電話番号:0288-21-5112

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?