足尾銅山観光

地下のトンネルに線路が敷いてあり、電気が点灯している写真
作業着を着て、黄色のヘルメットにヘッドライトを着けた中腰のマネキンの写真

1610年(慶長15年)備前楯山で初めて銅が発見されて以来、江戸幕府直営の銅山として大いに栄えました。

1877年(明治10年)、古河市兵衛の手により民営化されると、最新の技術や設備によって急速な発展をとげ、日本一の銅山に成長しました。

現在は、足尾銅山観光として坑内の一部を開放し、その歴史や仕組みなどが分かるようになっています。

営業時間について

レンガの壁で作られた部屋の、足尾銅山の模型や、トロッコ、写真などが展示されている写真

営業時間:午前9時~午後5時(最終入場午後4時15分)

休館日:年中無休

(注意)メンテナンス休館の際はホームページでお知らせします。

入坑料金について

入坑料の対象となる方が15名以上の場合は団体料金が適用されます。

入坑料表

利用者区分 個人料金 団体料金
大人 830円 730円
高校生 830円 510円
小・中学生 410円 300円
未就学児 無料 無料

(注意1)身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳を持っている方は、窓口に手帳を提示することで入坑料が無料になります。

(注意2)ペットの入場は出来ません。

団体予約の受付について

入坑料の対象となる方が15名以上の場合、下記サイトから予約を受け付けています。

来場日が令和6年4月1日以降のものは、令和6年3月1日から予約の受け付けを開始します。

公共交通でのアクセスについて

施設の問い合わせ先

「ASHIO」と書かれている四角く茶色い塊の銅の写真

足尾銅山観光管理事務所

電話番号:0288-93-3240

ファックス番号:0288-93-3401

この記事に関するお問い合わせ先

観光経済部 足尾観光課 足尾観光係
電話番号:0288-93-3116
お問い合わせフォーム
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?