日光ブランド戦略プラン

プラン策定の背景

平成24年度に日光ブランド戦略プランを策定し、国内外に知名度がある「日光」の特性を生かし、日光ブランドの認定を行い、様々な媒体を活用して日光ブランドの発信をしてきましたが、計画の期間が平成27年度末であったため、平成28年度からの第2次日光ブランド戦略プランを策定しました。
第2次日光ブランド戦略プランにおいては、理念など基本的な考え方は第1次のプランを踏襲しながら、人口減少や地方創生、東京オリンピック・パラリンピックに向けてのインバウンドの推進など、日光を取り巻く環境の変化や課題をを捉え、アクションプランや成果指標を定めることでより実効性の高いプランとします。

日光ブランドとは?

「ブランド」の語源はノルウェーの古い言葉で、自分と他者の商品を区別するための焼印を意味します。希少性や信頼性を得るためのシンボルマーク、製品などがブランドとして意味づけされています。

市はプランの中で、「日光に暮らしてみたい」「日光が好き」「日光っていいな」など、日光の価値や魅力を高めるものを日光ブランドとして定めました。また、市全体をリードするイメージそのものを「都市ブランド」、地域を支える様々な資源群を「地域ブランド」として整理しました。

そして、多くの人に、ずっと住みたい、いつか住んでみたいと思われる、「憧れのまち」を目指します。

日光ブランドで地域を活性化!

日光市は、国内外に高い知名度を持ち、年間1,000万人ものかたが訪れています。この交流人口を有効に活用するため、日光ブランドで新しい市のイメージを創造し、交流客と地域資源を結びつけます。
第2次日光ブランド戦略プランにおいては特に、資源間、分野間、地域間の連携を促すことで、さらなる交流人口の拡大や産業の活力、市民の活力と融合につなげます。

この記事に関するお問い合わせ先

企画総務部 秘書広報課 シティプロモーション係
電話番号:0288-21-5135
ファクス番号:0288-21-5137
お問い合わせフォーム
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?