日光市空き店舗等対策家賃補助事業

日光市空き店舗等対策家賃補助事業費補助金について

市内で空き店舗等を借用して新たに事業を開始しようとする方に対して、支払った家賃の一部を補助します。(必ず開業前にご相談ください。)

Point! 対象となる物件をこれまでの店舗に加え、事務所や倉庫、住居まで対象を広げ、創業の機会増を図ります。

お店や家や木々のイラスト

補助対象者

市内で空き店舗等を賃貸して対象業種で開業する方

空き店舗等とは、未入居状態が1か月以上継続している店舗、及び事務所や倉庫、空き家のことです。

商業施設等の一画を間借りしているものは対象外となります。

日光市起業・創業支援サロンにて開業に関する個別相談をした方

起業・創業支援サロンは事前予約制です。商工課にて予約を受け付けていますので、お電話またはメール(起業・創業支援サロンへメールを送信)でご連絡ください。

サロンの詳細は下記のリンクをご覧ください。

対象業種

次の業種を営むもの。(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の適用を受ける業種、その他市長が不適切と認める業種を除く。)

日本産業分類に基づく

  • 小売業(各種商品小売業、衣服・身の回り品、飲食料品、機械器具等)
  • 飲食サービス業(持ち帰り・配達を含む)
  • 洗濯業(リネンサプライ業を除く)
  • 理容業(理容店)
  • 美容業(美容室)
  • その他の洗濯・理容・美容・浴場業のうち、エステティック業、リラクゼーション業、ネイルサービス業
  • 教育、学習支援業(学習塾、教養・技術教授業、各種教室)
  • 療術業(マッサージ業、鍼・灸等)

補助金額

賃貸契約書に記載された月額家賃の2分の1

ただし、一月30,000円を上限とする。

補助期間

開業日の属する月から12か月

手続き・必要書類について

詳細は以下の資料をご覧ください。

手続き流れと各種様式

申請書類は以下からダウンロードできます。(全て別ウィンドウで開きます)

1.補助金申請

(申請者から日光市へ)

2.補助金交付決定

(日光市から申請者へ)

3.事業着手・完了

(申請者から日光市へ)

4.補助金額の確定

(日光市から申請者へ)

5.補助金請求

(申請者から日光市へ)

6.補助金交付

(日光市から申請者指定口座に振込)

その他

店舗リフォーム補助制度については以下のページをご覧ください。

空き店舗をお探しの方、空き店舗を所有されている方で賃貸をお考えの方は以下のページをご覧ください。

名称は「空き家バンク」ですが空き店舗も対象となります。

株式会社オアシス今市では空き店舗の情報カルテ化により、利用希望者と空き店舗提供者とのマッチングを行っています。

この記事に関するお問い合わせ先

観光経済部商工課商業係
電話番号:0288-21-5136
ファクス番号:0288-21-5121
問い合わせフォーム

みなさんの意見を聞かせてください
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?