ここから本文です。

更新日:2017年6月22日

日光ブランド認定制度

栃木県日光市では、日光の価値や魅力を高める自然や歴史、文化、風習、食などの「もの」や「こと」を日光ブランドとして認定し、全国に発信していきます。

現在、世界遺産「日光の社寺」、ラムサール条約登録湿地「奥日光の湿原」の他、自然分野で31件、歴史分野で17件、文化分野で5件、風習分野で2件、食分野については特選日光ブランド5件、日光ブランド77件、技術分野6件、生活分野1件、環境分野1件を認定しています。

分野別認定地域資源

自然

歴史

文化

風習 食 gijyutu
seikatu kankyo    

日光ブランド食分野スタンプラリー開催

日光ブランド食分野に認定されたお店を巡るスタンプラリーを開催しています。
日光ブランド認定商品を購入してスタンプを集め応募すると、1.日光市内の旅館・ホテル宿泊券、2.日光の老舗料亭・レストランの食事券、3.日光ブランド認定商品など、豪華賞品が抽選で当たります!
是非この機会に、日光の多様な食の魅力を巡り、味わってみてはいかがでしょうか?

□開催期間:平成29年1月16日(月曜日)~3月5日(日曜日)※終了しました。

食分野PRパンフレット「あじわう、日光。」

日光ブランド食分野に認定された資源をより多くの方に知っていただき、食を通じて回遊を促すことを目的として、冊子「あじわう、日光。」作成しました。ぜひご覧いただき、掲載店舗を巡ってみてください。

なお、掲載内容は平成28年4月1日現在のものです。

あじわう日光

フリーペーパー「日光じゃらん」

フリーペーパー「日光じゃらん」では、日光ブランド自然・歴史・文化・風習分野の紹介を行っています。掲載内容は平成26年3月31日現在となります。なお、「日光じゃらん」の配布は終了しています。ご覧になりたい方は下記PDFをご覧ください。

日光じゃらん

日光ブランド認定制度とは?

日光ブランド認定制度の特徴

日光市には多くの地域資源と、年間1,000万人の交流客が訪れており、認定制度を活用して、多くの皆様とともに、日光の地域資源、「もの」、「こと」を発掘し、それらが持っている背景から、イメージを創り上げます。そのため、全国的にも稀な、特徴がある認定制度となっています。

  • 市内にある「もの」「こと」に関する地域資源すべてが認定対象です。
  • 共感を審査するため、一般の皆様の投票を取り入れました。
  • 個々の地域資源の背景やストーリーにも着目しています。

どのようにして選ばれるの?

日光ブランド戦略プランにおける、自立成長、市場最適、市民参画の考え方を選考方法に取り入れています。

日光ブランドとしてふさわしいかのノミネート審査から始まり、アンケート調査や認定審査と進みます。また、認定決定後も継続検証を行い、品質の維持向上を目指します。

対象となる地域資源は?

自然、環境、歴史、文化、食、健康、産業、技術、生活又は風習に関する分野に属するもので、当市に存するものにうち次のものが認定対象となります。

  • 市内で生産、製造、加工されたもの
  • 市内の生産物を主たる材料として製造、加工されたもの
  • 歴史的施設、文化的施設、行事、祭事、芸術、芸能、観光資源、自然、景観、取組
  • 伝統的な技術、先進的な技術(技術においては、市外に提供されているものでも申請可)
  • 先進的な取組、先進的な事業

認定されたらどうなるの?

市ホームページや広報紙への掲載、各種パンフレットへの掲載などのプロモーションを積極的に行い、多くの皆様に認定地域資源を知っていただく機会を創出します。

平成29年度日光ブランド認定地域資源の募集について

平成29年6月23日(金曜日)から平成29年7月21日(金曜日)まで平成29年度日光ブランド認定地域資源の募集を行っています。詳しくは、平成28年度日光ブランド認定地域資源の募集ページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:総合政策部秘書広報課シティプロモーション推進室

電話番号:0288-21-5135

ファクス番号:0288-21-5109

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?