家庭ごみ有料化・事業系ごみ処理手数料改定

燃えるごみ・燃えないごみ・資源物の排出量の推移(平成26年~令和3年)について、平成30年度の家庭ごみ有料化制度導入前後でどのように推移しているかを公表します。

日光市ごみ減量化等検討委員会<有料化等の検証・検討>

令和2年11月~令和3年11月に設置された当検討委員会から、有料化等(家庭系ごみ有料化及び事業系ごみ手数料改定)についての検証・検討結果報告書が提出されました。

平成30年4月有料化等開始後の約3年分の実績データ等から、その効果を検証し、今後のごみ処理施策の方向性が検討されました。

家庭系燃えるごみが約20%減少するなど、有料化等による大きな効果がありましたが、その後リバウンドもみられること、また、市民一人1日あたりごみ排出量が県平均や全国平均より未だに高い水準にあることから、今後も引き続き、ごみの減量化と資源化の推進が必要です。

家庭ごみ有料化制度についての動画を公開しました

平成30年4月1日からの家庭ごみ有料化と事業系ごみ処理手数料の改定について

家庭ごみ等有料化基本方針(平成28年11月15日策定)に基づき、平成28年第5回(12月)定例会に、日光市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正議案を提出し、採決が行われた結果、賛成多数で議案が可決されました。平成30年4月1日からの家庭ごみ有料化の導入と事業系ごみ処理手数料改定が開始されました。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 資源循環推進課 資源循環推進係
電話番号:0288-21-5138
ファクス番号:0288-21-5121
お問い合わせフォーム
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?